ダミープラグを使ってubuntu 20.04でモニターレスVNC

投稿者: | 2021/02/23

ubuntu 20.04のリモートディスクトップ開通作業

ubuntu リモートディスクトップ

操作に慣れて来たころに新たなバージョンがリリースされる。
ubuntuの場合、入れ替えは短い人で 半年に 1回、LTS版のサポート終了間際まで粘る人は 4~5年に 1回。そしてその都度新たな設定作業が待ち構える。

ubuntu 20.04は 18.04から VNC関連の大幅な変化は無かった。
LTS版ではないが、次にリリースが予定されている 21.04では、ディスプレイサーバプロトコルとして Waylandが前面に出てくる。
16.04から 18.04に移行した時も、Desktop が Unityから GNOMEに、ディスプレイマネージャーが LightDMから GDMに代わった事から、VNCの設定には苦労した記憶があり、X.Org(X11)に慣れてきつつあった自分には、Waylandの操作にかなり煩雑な作業を強いられそうで戦々恐々としている。

こうした入れ替え作業はメンドウクサイ作業で、まあ、何度やっても面倒くさく、兎に角やりたくない作業なのだ。本当に。

ダミービデオドライバではなくダミープラグを使ってみる

EVanlak製ヘッドレス用ダミープラグ3種

Ubuntu18.04でモニタレスVNCを設定した際は、ubuntuが稼働している PCに実モニターを接続しておかないと VNCビューア側に画面が表示できなかったことへの対策として、ダミービデオドライバをインストールして対処した。

ただ、この方法にも、記事への”かわい氏”からのコメントのご指摘のの通り、ヘッドレス化は出来たものの、実モニタを接続したときに画面に何も表示されないという欠陥があった。

解決策としては、ダミードライバーとビデオドライバーを同時に動作させ続けること。

これね、……何と言うか、キリがない。

で、今回 ubuntu 20.04への移行に当たってはこうした設定の沼地を避けるべく、ダミープラグを使ってみた。
ダミープラグを使う事で、ダミービデオドライバが必要なくなり、ヘッドレスから実モニタへ切り替えても何の操作もせずにそのまま動作するのだ。

ヘッドレス用ダミープラグ3種端面

ダミープラグなので、ケーブルの接続は無し。
写真は、EVanlakを中心に 3種の異なるコネクタタイプのダミープラグ。
4Kディスプレイは持っていないので、表示解像度は FHD(1920×1080@60Hz)用

マザーボード バックパネルコネクタ

こちら PCに組み込まれたマザーボードは GA-C1007UN-Dと J1900N-D3V。 GA-C1007UN-Dは 2013年に売られていたボードでもうすぐ 10年。
ほぼ 24時間 365日稼働し続けている。

共に ヘッドレス化した ubuntu 16.04が動作しているサーバーで、この PCを ubuntu 20.04に入れ替えるついでにダミープラグを試してみた。

話が飛ぶが、何を隠そう、この WEBサイトは、もう一台ある GA-C1007UN-Dで稼働中。

HDMIダミープラグ取付け

ここは結論のみ。
HDMIプラグ、VGAプラグ、そして DVIプラグの全てが求めていた通りに機能してくれた。

vinoを使ってubuntu20.04へのVNC接続の準備

ubuntu上でのvinoの設定

VNCサーバーである vinoをインストール。

sudo apt-get install vino

vinoの設定は、
/ 設定 / 共有 / 画面共有 /を開いて、パスワード(8桁まで)を設定するだけ。

Vinoの通信を暗号化解除

Wndowsから接続する際は、通信の暗号化を無効化する必要があり、dconf内のフラグで解除する。

dconfはアプリケーションの設定データベースで、GNOMEが動いているシステムの場合、設定変更する機会は少なくない。
コマンドを使って編集する他、dconf専用の編集アプリケーション”dconfエディター”が使える。

sudo apt install dconf-editor

アプリケーション一覧から dconf エディターを起動し、
/ org / gnome / desktop / remote-access /の階層をたどり、
prompt-enabledと require-encryptionをOFFにする。

コマンドで編集するには次の2行。

gsettings set org.gnome.Vino prompt-enabled false
gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

必要にして最低限。サーバー側の作業はこれで完了。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。