お手頃価格?シュランケンカーフ製汎用ポーチ。WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の Ruelle(リュエル)。

投稿者: | 2016/06/12

シュランケンカーフは扱いやすい皮革

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のミニポーチ Ruelle(リュエル)シュランケンカーフの発色は人工的である。

カラフルな色を取りそろえている他の皮革、例えばブッテーロは、染色しても皮革のその奥の表情を決して打ち消してしまうことはない。色づけを染料をメインに使うか、顔料をメインに使うかの違いであるが、シュランケンカーフはおわかりのように顔料を主体に色づけされ、その分、発色は安定している。このブログに良く出てくるエイジングとは少し異なり、色にもよるが、どちらかというと塗料を磨いたようなツヤ。経年変化としては紫外線に当てられ退色していく。

と書くと、まるで否定しているかのように思われるが、シュランケンカーフは、3本の指に入るくらいお気に入りの皮革である。また、100%顔料だけで仕上げている訳ではなく、ある程度の深さまで染料で染められているので、表層を傷つけ禿げたとしても、想像しているよりダメージは軽微である。

WILDSWANSにしては安価なアイテム「リュエル」

さて、この都度、WILDSWANS(ワイルドスワンズ)からミニポーチ Ruelle(リュエル)が発売された。使用するシュランケンカーフの材料面積と縫製箇所数からすると、WILDSWANS(ワイルドスワンズ)にしては安価。とは言っても、単なるミニポーチのカテゴリの中にあっては決して安くはない。ミニポーチは、化粧品売り場であったり、パソコン小物売り場であったり、それこそ鞄売り場であったりと様々なジャンルに向けて販売されている。中には千円を切る価格で同サイズのポーチを購入できてしまう。

ミニポーチはそれだけ汎用的で、個数ベースの市場は大きいのだ。

比較的購入しやすい価格(他の WILDSWANS(ワイルドスワンズ)商品に比べて)に押さえられ、且つ多用途な商品であることから、集客効果を狙っているのかもしれない。非常に厳しいとは思うが、女性への購買層拡大とかも。

シボの状態により全く異なる雰囲気になるシュランケンカーフ

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のミニポーチ Ruelle(リュエル)シュランケンカーフは、切り取る部位によって、あるいはロットによってシボの大小や深さが異なる。また、そのシボによって、全体の雰囲気がガラリと変わる。それだけシュランケンカーフのシボの表情は重要で、出来るだけ通販で購入せず、遠くとも自分の目で確認してから購入すべきである。ネット掲載の写真とは全く異なる個体が届き、2度と通販では購入しないと心に強く誓った人もいる。(本人乙)

拙い経験によれば、シボが大きめのものは固く、ツヤが出やすい。逆に小さめのものは、ツヤの出は遅く、出ないことも無いがどちらかと言えばシットリと落ち着いた雰囲気。

今回は、店舗に出向き、出来るだけシボが小さく浅い個体を選ばせていただいた。 WILDSWANS(ワイルドスワンズ)を扱う都区内の代表的な店舗の一つである銀座C.O.Uでは、お願いすれば大抵は在庫のいくつかを取り出し、選ばせていただける。はず。行かれる場合は是非お願いしてみよう。

外観と収納

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のミニポーチ Ruelle(リュエル)ポーチの中に何も入れて無くともご覧のようにふっくらである。立体裁断・立体縫製。

シュランケンカーフは、使っていくうちにヘタれる。鞄などは大抵は自立しなくなる。

このポーチの場合、上に重量物も無く押しつぶす力が加わることはほとんど無い為、このふっくら感は以外と長く保ってくれるかも知れない。

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のミニポーチ Ruelle(リュエル)収容はご覧の如く。たばこを 2行 2列に合計 4箱並べられる。深さは、この状態で全体の 2/3程度まで占有。充分かそうではないかというよりも、この位のもの。参考までに。


レビューと言うより、単なる紹介記事となってしまった感・・・・。
ありそうで無かったシュランケンカーフのポーチ。お手頃価格なので、自分で使うのもよし。大切な人へのプレゼントにもよし。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。