とても残念な仕様。ShureのヘッドホンSRH1840の純正ケース

投稿者: | 2020/02/15

SRH1840、SRH1440に付属する保管用ハードケース

Shureのヘッドホン SRH1840、SRH1440のケース

Shureのヘッドホン SRH1840に付属する保管用ハードケース HPACC2。

ヘッドホン外形ピッタリに繰り抜かれたスポンジにより、このケースに収納してしまえば、手で叩こうが、手にもって振り回そうが、中のヘッドホンは確実に保護される。

さすが純正。

付属ヘッドホンケースが残念な仕様だった

Shureのヘッドホン SRH1840のケース ケーブルとファスナーの干渉

と、一瞬でも思っていた時期がありましたとさ。

実際に収納してみると、ご覧のあり様で、ファスナーを閉じると、ヘッドホンケーブルの付け根部分がそこにと干渉する。

ヘッドホンの最も強度的に弱い部分で、掛けているときも触りたくない箇所。
この SRH1840は、リケーブル出来る構造になっていて、一応は本体からケーブルを切り離すことができる。

が、しかし、便利ではあるのだが、コネクタを頻繁に抜き差しはしたくないし、そもそもそのようなことを想定した構造ではない。

この部分以外、とてもよくできたケースであるだけに、とても残念である。

ヘッドホンケースの代替を探す

ヘッドホンケースサイズ比較

この使えないヘッドホンケースの代替を買うことにした。

購入したのは、中国製で、「Honbobo AKG K712 PRO ヘッドホン対応ケース EVAハードシェル防水、耐衝撃性、」と言う、商品名や商品型式が記載されていない謎な商品。さらに、なぜか最後に「、(読点)」で終わる極めて怪しいヘッドホンケース。

ちなみに某大手通販サイトではレビューが一つもない。
つまり人柱である。

ヘッドホンケース注文画面

サイズは、Shure純正ヘッドホンケースよりかなり大きい。他の汎用ヘッドホンケースに比較しても大きい。とりもなおせず大は小を兼ねる。のだ。
そもそもが、AKG K712 PRO用として売られているケースである。AKGのヘッドホンは、スピーカー部を囲うユニットの径がとても大きい。
すなわち、AKGのヘッドホンが格納出来るのなら、Shureの SRH1840など、余裕を以て収納できるはず。なのだ。

人柱の結果は…

大型ヘッドホンケース

ポチッて翌日に届いたので、早速収納してみた。

サイズは丁度良く、内側に張られたクッションは湾曲していて、中央部が深く端側は浅い。このクッションにより押さえられ、中で暴れることもない。
てか、Shureの SRH1840でピッタリサイズなのに、AKG K712 PROが収まるのかと言うあらぬ疑問を持ってみたり。

ケース本体の丈夫さは、純正ケースとほぼ同等で、造りは 2,000円と言う価格からすればかなり良い。丈夫な取っ手が付いていて、適当なフックに引っ掛けられるのも良い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。